FC2ブログ
暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火祭り2008年
fallas2008a
バレンシアに移住して初めての火祭り。
今年は日本から友人も来てくれていたので、私も観光客並みに火祭りを楽しむ事にしました。
バレンシアの火祭り「ラス・ファジャス」はスペイン三大祭りの1つで、開催期間中は街中に写真のような張子のオブジェ(ファジャス)がたくさん設置されます。
大きさは子供の背丈くらいのものから、5階建ての建物くらいのものまで大小さまざまで、世相を反映したテーマ中心に作られています。毎年コンテストが開催され、優勝した人形のみ残してあとは全て3月19日の祭り最終日に焼いてしまいます。

fallas2008e
張子のオブジェを設置するだけでなく、街の小道はこのように電飾で飾られたりもしているので、夜は一層華やか。

toros2008
火祭り期間中は闘牛も開催されています。
私は今まで見る機会がなかったので、友人を誘って行ってみる事にしました。
何事も百聞は一見にしかずですからね。
しかし、チケット発売2日目に窓口で2時間半並びました。並んで待っている間にも人気の日は売り切れ続出で戦々恐々。こんなに大人気だったなんて知らなかったー。

fallas2008j
パレードも連日行われていました。
写真は大聖堂に設置された聖母像に献花をするためのパレードで、特に女性の衣装がとっても美しい。

fallas2008b
こちらは夜の大聖堂付近で撮ったパレード。
建物の雰囲気と衣装がピッタリでとてもロマンチックでした。

fallas2008i
これが大聖堂の聖母像。衣装が献花によって飾られています。

fallas2008c
これは祭りの中日に後ろから撮ったもの。
まだ全ての献花が終わっていなくて、下の木枠がむき出しですが、最終日にはこれも全て花で覆い尽くされました。

fallas2008g
そして祭りのクライマックスは「クレマ」と呼ばれる張子オブジェ燃やし。
小さいものから順に火を付け、最後に市役所前にある巨大張子オブジェに火を付けます。
オブジェには大きな爆竹が巻きつけられ、灯油らしきものもかけているので、火を付けると一気に燃え上がります。

fallas2008f
これが市役所前の巨大オブジェ。これを燃やすと祭りが終了します。

fallas2008h
夜1時、花火や爆竹を盛大に打ち上げた後、巨大オブジェに火が放たれて燃え上がりました。

火祭り開催期間中は午後2時の大量爆竹(マスクレタ)や花火大会、街頭コンサートなどもあります。
(私たちは昼間の見学だけで疲れてしまって夜はギブアップでしたが、、、。)
なにはともあれ、お祭りは楽しいー。
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
熱いですね!
スペイン三大祭りの一つなだけあって盛大そうですね~、今回遊びにこられた日本人のお友達も喜んでくれたことでしょうねー。ちなみに他の二つはどこのお祭りなんですか?

張子のオブジェ、すべて焼いてしまうんですかぁ~、爆竹も巻くことだし、音もすごそう。天ちゃんは怖がったりびっくりしなかったですか?(うちの息子は先日遠くに見える花火を見て怖がって泣いてました、将来が思いやられる日本男児です。)

闘牛、初体験だったんですね~、これまた驚きです。感想はいかがですか?
2008/03/24 (月) 19:11:36 | URL | ぐんぐん #-[ 編集]
>ぐんぐんさんへ
スペインの三大祭りの残りは、パンプローナの牛追い祭りと、セビージャの春祭りです。
張子のオブジェは惜しげもなく一気に灰になるんですよねー。制作費を聞くともったいないと思うばかり。
祭りの開催期間中、街中が爆竹遊びの音で戦火の中って感じなので、娘もさすがに慣れてしまったようです。かなりの爆音なんですがね、、、。
闘牛は、いろいろと苦手意識が先行して見てなかったのですが、思っていたより芸術的でした。
2008/03/25 (火) 07:50:44 | URL | KI*KA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。