暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドキドキのお買い物
スペインへは、以前数ヶ月の短期留学を2回と、結婚してから毎年1回ペースで来ていましたが、いずれも「生活」という目的ではなかったため、魚屋さんや肉屋さんで量り売りのものを買うっていう事をした事がありませんでした。
実は、東京でもほとんどパック売りを利用して、めったに量り売りは買わなかったんです。理由は単に面倒くさいから。ほんとうは専門店の量り売りのほうが質がいいって思っていても、ついつい、、、。
スペインでも、スーパーにはセルフコーナーにカット加工済みの肉は並んでいるのですが、お魚は対面式の量り売り。ちょっと勇気が無くて売り場の前を素通りしてました。

しかし先日、どうしてもアサリを買いたかったので、やっと重い腰を上げて魚売り場に行って見ました。
お目当てのあさりが、「1kg」のシール添付されたネットに入って鎮座してました。
これって、1kg単位でしか買えないのか?それともグラム単位?あ、何個、って言うのかなあ?
アサリを見つめながら迷っていると、店員さんが寄ってきました。
「あのー、アサリが欲しいんですけど、、。これって1kgで売ってるんですか?」
「どのくらい欲しいの?」
「えっとー、欲しいのは300グラムくらい」
で、店員さんはささっとネットを開けて、300グラムを測って手渡してくれました。
なあーんだ、簡単!
今までのドキドキからすうっと開放されました。

すんなり買い物が出来てうれしくなった私。
昨日はタコを買いに行ってみた。
並んでいたのは大きなタコの足だった。
それで、またもやドキドキ。
これって、グラムで買うの?それとも足の本数?
迷っているとまたもや店員さんが寄ってきた。
一か八かで「タコの足2本ください!」
って言ってみた。
店員さんがニッコリして足を取り出したのを見て、またもやドキドキ!
「で、でかいっ!」思ったより太くて長かったのだ。
そんな大きな足だったら2本もいらない、1本でいいのよーん!
手際がいいのでそんなこと思っているうちに、もう足ちぎってるっ!
「すっすみませんっ!あの、あのー、1本にしてくださいっ!」
店員さん、一瞬「ちっ!」って顔になったが、すぐ笑顔に戻って1本に変えてくれた。ほっ。
と言うわけで、本日はタコご飯にしようかと思ってます。

<天ちゃん便り>
最近いろいろお手伝いをしてくれます。
otetsudai1

洗濯物をたたんでしまってくれたり、
otetsudai2

靴の整理をしてくれたり、、、。

ご好意なので、よく出来たねーと言ってあげてます。とりあえず。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/01 (木) 22:04:21 | | #[ 編集]
こんにちは
アルクのブログにコメントをありがとうございました。
最近バレンシアに越されてきたんですね。私はこちらに来て最初の2年数ヶ月ほどはバレンシア市内に住んでいましたが、それから郊外のハティバに引っ越しました。ここに来てもう3年以上。バレンシア市からちょっと遠いことが難点ながら、スペインっぽい情緒を残した城下町なので、いつか遊びに来てくださいな。
2007/11/02 (金) 01:44:17 | URL | mamasita #-[ 編集]
M・Tさんへ
娘は2歳の誕生日を境に、急に色々覚えてやんちゃになりました。そういう時期なのでしょう。言葉がある程度上手になる頃には落ち着くのかなあ、、、。辛抱、辛抱。
2007/11/02 (金) 15:32:43 | URL | KI*KA #-[ 編集]
mamashitaさんへ
こちらこそ、ブログを見ていただきありがとうございます。ハティバには6年前に一人で行き、エッサエッサと古城に登りました(笑)。素敵なお城ですよね。街もバレンシアより穏やかでロマンティックだったと記憶しています。街外れに古い水飲み場があったと思うのですが、お水おいしいですか?(我が家近辺は最悪ですね、、、)今度また機会を見つけて、娘と遊びに行きます!
2007/11/02 (金) 15:52:47 | URL | KI*KA #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。