暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロス・レジェス・マゴス2009
1月6日は、キリストの生誕を祝うため、三人の王様がやってくる日。東方三賢人の日と呼ばれ、スペインでは実質、子供にプレゼントを贈る子供の日になっています。
我が家は、昨年は夫の実家で三人の王様のパレードを見ました。
その様子はこちら

今年は、バレンシア市内の大規模なパレードを見に行きました。
40台の山車&2000人がパレードし、観客は15万人だったそうです。
私たちは、他の観客が多すぎてパレードに近づく事も出来ない状態で、遠くのほうから眺めるようにして見てきました。
なので、カメラも持っていったのですが、全く撮影どころじゃありませんでした。
以下の写真は、地元紙レバンテに本日1月6日付けで掲載されたものです。
(写真が見づらい場合は写真をクリックしてみてください)

losreyesmagos0609
これが三人の王様。

losreyesmagos0109
王様は一人ずつ山車に乗って、パレードの最後尾からゆっくりやってきました。

losreyesmagos0409
他の山車には、子供たちが乗っていて、沿道の観客にキャンディやお菓子をばらまきます。

losreyesmagos0509
足に竹馬を付けた、ノッポのピエロもたくさんいました。

losreyesmagos0309
私が一番感動したのは、この白い馬たち。たてがみが、まるでシルクの布のように銀色に光っていて、美しいのなんのって・・・って、あまりお祭りには関係ないんですが(汗)
母子揃って馬好きなんで、あまりに美しい白馬の行列にうっとりしてしまいました。

losreyesmagos0209
三人の王様はキリストのもとへ行き、誕生を祝います。
このキリストの誕生を表した人形は「ベレン」と呼ばれ、クリスマスシーズンには施設や店舗、各家庭など随所で飾られます。
こういう大きなものから、家庭用のミニチュアまでたくさん種類があって、それぞれの好みで飾られます。

来年はもっと早い時間から良い場所を陣取るか、テレビでゆっくり見るのがいいかも・・・。
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。