暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古いお家散策
我が家の近くを通る幹線道路沿いを数キロメートル行ったあたりに、古い町並みが残されている場所があります。
おそらく100~150年以上前のものだと思います。
ぜーんぶ同じ形の2階建ての家なのですが、色とりどりに塗り分けられていて、ディズニーランドみたいです。

sanpobeni3
全体的にはこんな感じ。

sanpobeni5
暖かみのある黄色いお家。

sanpobeni9
落ち着いた赤のお家。

sanpobeni7
すっきりブルー。

sanpobeni8
シックなモスグリーン。
2棟つなげてあるんですね。

sanpobeni6
ピンク三姉妹。

sanpobeni10
緑色は薬屋さん。
しかし、この配色はかなり派手・・・。
お隣と話し合ったりしないんでしょうかね。

sanpobeni4
色を付けていない家もあります。私はこれが一番好きかなー。

皆さんはどれがお好きですか?

今回の散歩のおまけ。

sanpobeni1
中華料理店。
ここはレンガと中国っぽさがうまくマッチしていて、好きな外観です。

sanpobeni2
3階の高さくらいに育っているサボテン。道の植え込みに所狭しと群生してます。

sanpobeni11
最近お気に入りの読書スペース。
屋根があるので、雨よけや日よけになって、とっても快適。


スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

ちょっとだけ田舎の散歩道
我が家はバレンシア市の端っこにあるため、家の裏にある大きな幹線道路を渡るともうそこは隣町。
お散歩を兼ねて、その小さい街の中心街へと通ずるサイクリングロードを歩いてみました。

alboraya2

alboraya1
歩き始めて少しのところに、電車の線路が置き去りに・・・いえ、昔の路線があったところに、記念に残してあるようです・・・。

alboraya3
道端に乗り捨てられていた自転車。なぜか前輪と後輪のどちらにも、大きな筒型のろうそくが縛り付けられていました。
夜道の灯り?
すごい発想・・・。

また少し歩いていくと、こんどは面白い看板発見!

alboraya4
「盆栽センター 展示即売」って書いてあります。
しかしながら、あたりを散策してもそれらしき場所が見当たりませんでした。残念・・・っていうか、無いなら看板やめて!!(怒)

またまた少し行ったところで、街の中に入りました。

alboraya5
これは昔の教会?学校?
公園の中に保存されるような形で建っていました。

あ、可愛いお家発見。
農家のようです。
alboraya6


alboraya7
廃墟らしき家と、すずなりのびわの木。
畑のど真ん中にある建物なので、農家だったのでしょう。

バレンシア市のすぐお隣なのに、とってものんびりした風景が広がる小さな街で、私のお気に入りです。

それから、おまけ。

alboraya8
この建物もこのサイクリングロードから良く見えるマンションです。
このマンションには面白いエピソードが。

ひと昔前に、バレンシア ポリテクニカ大学で設計を学んでいた生徒が、卒業制作としてマンションのデザインを教授に提出したところ、「駄作」とレッテルを貼られてしまいました。
しかしながらその生徒は大学を卒業後に設計士として活躍し、ある時、大学のすぐ近くの土地にマンションを設計する依頼をもらいました。
彼はこの土地に「駄作」と言われた卒業制作のデザインを採用し、大学の方角に向けてマンションが建てられたのです。
こうしてこの「駄作」が今も、大学を睨み付けているというわけです。
執念?
私は結構好きなデザインなんですがね、確かにちょっと異様なくらい変形してるので、好き嫌いがあるとは思います。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

日帰りバルセロナ
パスポートの更新手続きのため、1人でバルセロナに行ってきました。
最初は一泊するつもりで予定していたのですが、夫や娘のスケジュールに合った日程がなかなか組めず、
結局日帰りで行くことに・・・。

パスポートの手続きは午前中で終わったので、午後9時半の終電時間まで、バルセロナの中心市街をぷらぷらしました。
途中から夕立に会ってしまいましたが、久しぶりに1人で自由に散歩できたので、気分がスッキリしました。
たまの一人旅は、私にとって必要な物かも知れません・・・。

以下は散歩中のスナップです。

estacionvn
早朝4時半にバレンシア駅に到着。
駅が開くのは4時45分・・・。待っている間にパチリ!

barcelona20102
ランチは、地元ビジネスマンで賑わうアジアン創作料理のレストランへ。
これは1皿目のズッキーニとユカ芋のスープ。
優しい味にパクチーのアクセントで気に入りました。

barcelona20103
2皿目は、グリルチキン。
ジャガイモとエビ、揚げ焼きそばが添えられ、これもとっても優しい味。
チキンも柔らかくて食べやすかった。

barcelona20104
デザートはチョコレートムースにした。
ちょっと甘かった・・・・。

お昼ごはんのあとは、あてもなく適当にお散歩・・・。

barcelona20101
カテドラルへ向かう道。

barcelona20105
バッグのポケットには「生活」って文字が。なんか、ちょっと悲しい。

barcelona20106
インテリアグッズのお店。微妙に不気味かわいい・・・。

barcelona20107
カテドラルは工事中。確か2年前に来た時も工事中だった・・・。

barcelona20108
ピアスみたいな街灯。

barcelona20109
目を惹き付けられた、古い仮面屋さん。

barcelona201010
こんなものも!すごく大きくて迫力満点。

最後にサグラダファミリアへ。
てっぺんまでエレベーターで登り、階段でゆっくり下りてきました。

barcelona201011

barcelona201012

barcelona201013

barcelona201018

barcelona201019

barcelona201014

barcelona201015

barcelona201016

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

バレンシアの春
4月になってから、バレンシアもどんどん春めいて、日中は太陽に当たると暑いくらいです。
と言っても日陰は海風でまだ涼しく、日なたでは半そで、日陰ではジャケットと、一日中ジャケットを脱いだり、着たりの繰り返しです。

昨日はお天気の良い日曜日でした。
近所の公園で子どもを遊ばせながら、ふとその風景に目をやると、いつの間にかたくさんの草花が春らしい姿を見せていました。
日本よりも太陽の光が強いせいか、草花たちもとても力強い印象。
色も形もとても鮮やかです。

koenharu1

koenharu3
頭の上はこんな。
さくらんぼくらいの大きさの黄色い実がいっぱいついた木。名前はなんだろう・・・?
ハトが実をつつくので、ときどき頭の上に木の実のついた枝がドサッと落ちてきてビックリする。

koenharu2
八重桜も満開。バレンシアで見ると、なんだか違う花に見える・・・。

koenharu4
公園の真ん中を通る遊歩道は背の高いヤシ並木。

koenharu5
街路樹のオレンジ。
つい数週間前までは白い花が咲き乱れ、きんもくせいのような、甘い香りを街中に振りまいていましたが、今はオレンジの実が重そうにぶら下がっています。
オレンジって、冬の食べ物かと思っていたんですけど、収穫はこれからが本番のようです。

日本の春とはちょっと違うでしょ?

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

メーデーとフェリア
土曜日は娘と2人でお散歩。
中心街を取り囲む川跡地に行きました。

川跡地沿いの大きな道路は歩行者天国になっていて、メーデーの労働組合イベントをやってました。

mayday1
子供向けの空気で膨らませた大きな遊具がいくつか。
滑り台は高さがかなりあってフカフカしているので、大きな子達はトランポリンみたいに飛び跳ねながら滑っていました。
娘も挑戦しましたが、かなりこわごわ。
それでも気に入ったらしく、何度も滑ってました。


mayday2
こんな大きなパエリアも作ってました。
残念ながらこれは組合加入者用。

この先の川跡地では、アンダルシア地方では有名なフェリアをやっていました。
いくつかの大きなテントで作られたお店の中には、セビジャーナスなどを踊るスペースと、飲食用のテーブル席が設けられていて、踊ったり歌ったり、飲んだり食べたり・・・。

feria1

feria2
アンダルシアさながら(?)の馬の品評会も行われていました。
騎乗者もエレガントな姿でとても素敵。

セビジャーナスの衣装を着ている人は、さすがに少数です。でも、このイベントは毎年行われているようで、バレンシアにもアンダルシア出身者や愛好者が多いのでしょうね。

私達はこのあと日本人のお友達と合流して、芝生の上でお弁当を広げ、のんびり過ごしました。
夕方は突然夕立にみまわれてしまい、早めの解散にはなりましたが、娘も楽しめた様子でした。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。