暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車買いました
前々からずっと欲しかった自転車。
今までは娘と二人でいることが多かったので、自転車の出番はありませんでしたが、仕事も始めるしやっぱりあったほうが便利と思い立って、ちょっと遠いショッピングセンターまで一人で買い物に出掛けました。

気分的にどうしても今日中に持ち帰りたかったので、欲しい自転車の在庫があるかどうか、係の人に聞くことにしました。
私が気に入ったのは、安価な折りたたみ自転車。
万が一盗まれても惜しくない程度のものです。

係の人は若い黒人男性で、忙しそうに在庫の値付けをしていました。
「あのー、あそこにある折りたたみ自転車が欲しいんですが、今日買ったら乗って帰るコトができますか?」
と聞いたら、ちょっと無愛想に
「買ったら持って帰ってもらわないと困るね。組み立てるのは自分でやって。うちじゃやらないから。」
とそっけない。
「じゃあ、ここで組み立ててもいいですか?私がやるから。」
って言ったら、
「ダメだよ、外でやって。」
と、またそっけなく言われてしまいました。

「組み立てるったって、工具も持ってないし、難しくて出来なかったりしたら持って帰れなくなっちゃうなあ・・・今日は歩いてきたし、運ぶ台車もないし・・・」
と、ブツブツ言ったら
「決まりだからね、出来ないんだよ。組み立ては簡単だよ。2箇所差し込めば出来上がりだからね。はい、これ。」
と、今度は丁寧に説明してくれて、私に工具を差し出しました。
「じゃ、あとで工具を返しに来ますね」
と言ったら、
「いいよ、あげるよ。」
と笑顔。
なんだー、お兄さん爽やかじゃん。

とりあえず自転車を購入し、駐輪場で箱を開けて組み立て始めました。
ところが・・・うまく行きません。

説明どおりに組み立てたのに、ハンドルを動かしても前方車輪が動かず、そのままでは方向転換ができません。
原因を探ろうと、もう一度分解し始めたところで、見知らぬ男性から声を掛けられました。
その男性は、市役所のイベント係で、ショッピングセンターの駐輪場横に居た人でした。

「さっきから、見ていたんだけど・・・その自転車、同じやつ持ってるんだ。組み立てはすごく簡単だったのに、キミはさっきから何をやってるのかな・・・と思って。」
きっと、簡単な人には簡単なんでしょう・・・(涙)

「言われたとおりやったんだけど、ハンドル動かしても車輪が動かないの」
と説明すると、自転車を少しいじってから
「こりゃ、キミには直せないよ。元の大きなネジがゆるんじゃってるからね。レシート持っていって売り場に戻ったほうがいいよ。」
というわけで、もう一度売り場に戻ることになりました。

警備員さんに事情を説明して書類を作ってもらい、ぐちゃぐちゃになってしまった自転車を持って、係のお兄さんの所に戻りました。
目が合うなり、事情を察したのか「やってあげるから待ってて」と言い、
値付け作業を終わらせて戻ってきました。

「あ、あのー、なんかー、動かないの・・・」
と言うと、無言で分解して
「工具!」
と手を差し出しました。

さっきもらった工具を渡すと、また無言でキュッキュッとネジを締めて、あっという間に完成。
「ありがとーう」
って言ったら、陽気に
「どういたしまして!」
と言って、さっさと別の作業を始めました。
なんかカッコイイよ、お兄さんー!!

行ったり来たり、とっても大変でしたが、なんだかんだで目的達成。
すっきりした気分で帰宅しました。
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

年末恒例のお買い物
毎年、年末に必ず買うものがあります。
それは、フランスのクオヴァディス製ビジネス手帳。
もう、20数年続けて買っています。

agenda09

シンプルで機能的、私にはとても使いやすかったので、ついつい毎年同じものを買っていたら、いつのまにか20年を過ぎていました。

世界の主要都市で簡単に手に入るので、過去、旅先でフランス語や英語バージョン、スペイン語バージョン等を記念に購入したり、使いやすい日本語のものを購入したり、その時の気分によって選んでいました。

手帳のカバーも色々なバリエーションがあって、皮製や厚手のビニール製、普通のビニール製など、好みで選べます。

私は毎年、年末ギリギリの時期に買いに行くので、一番普通の黒いビニール製カバーのものか、ちょっと高い皮製しか残っていない事が多かったのですが、今年はなぜかビニール製のものが5色くらいあって、選ぶことができました。

エンジ色と写真の青色のどちらにするか迷ったんですが、今まであまり選ぶことのなかった青色のほうにしてみました。
なんとなく、小さな挑戦をした気分で楽しい!

今年一年は家にいることが多かったせいもあって、手帳に書くことが少なかったのですが、来年は仕事も始めるし、いっぱい書き込むことがあるといいな、と思ってます。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

仕事はじめます。
バレンシアに来て一年、生活のことを中心に慣れるので精一杯でしたが、娘も通学するようになり、最近は私もだいぶ落ち着いてきました。

ここらでちょっと仕事探しでもしてみようかな・・・と思い立ち、色々と仕事について調べていたところ、ちょうど良い条件のお仕事をいただく機会に恵まれました。

スペインも最近は急激に景気が悪化していて厳しい状況なので、今回のお仕事はめったにいただけない機会だと思い、スペイン語の勉強や子供の世話など、まだまだ課題はいっぱいあるんですが、心機一転がんばってみようかと思いました。

業種はあまり経験のない飲食業なんですが、社員なのでフルタイムで働きます。
決め手は、他にも同じ時期に日本人の方が働き始めること、私のセクションは殆どが日本人なこと、そして社員採用で有給休暇もいただけること、です。

新人の仲間がいる、これは共感できるってことで嬉しい。
職場の仲間が日本人、これは相当心強い。
そして、有給休暇45日!
スペインの一般的な職種は、基本的に有給休暇30日です。そして飲食業はそれに15日がプラスになり、45日になるんだそう!!
小さい子供がいて、年一回は日本に帰国したい私には、本当に嬉しい条件です。

来週からトレーニングに入り、年末から本格的に働き始めるので、一年ぶりの仕事復帰に向けてワクワク・ドキドキです(笑)。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

ハマりもの第2弾
最近、食べ物の話しばかりでスミマセン。

こちらに来てから、時々無性にお惣菜パンが食べたくなる時があります。

ここスペインのパンは、フランスパンのようなバゲットや食パンがほとんどで、お惣菜パンというと、「エンパナディージャ」という揚げパンくらいしかありません。
このエンパナディージャは、固めのパン生地(多分イースト菌発酵のものではなく、ベーキングパウダー又は何も入れないで作ってあるのではないかと思います)に、トマト味、ほうれん草味、カスタードなどの中身が入っているおやつパンです。

それはそれで美味しいのですが、私が無性に食べたいお惣菜パンは、日本のフカフカしたやわらかいヤツ。
そうは言ってもわざわざイースト菌を買ってきてコネコネするほどの気力もないし、このフラストレーションを満たしてくれる簡単なものはないかなあ・・・と色々試していました。
パンケーキにチーズやハムを挟んでみたり、柔らかめのパンを買ってきて具を挟んでみたり・・・。
でも、やっぱりイマイチ。満足できる味が見つかりませんでした。

昨日、ネットで物色していたら、偶然「信州のおやき」の作り方に出会いました。
レシピを見てみたら、家にある材料で簡単に出来そうだったので、早速本日作ってみました。

oyaki

結果は上々!
具は大根の葉にかつおぶしとゴマを混ぜ、砂糖・醤油・ゴマ油で和えたものと、小豆あんの2種類。
やっぱり日本の具材には日本の皮ですね。

焼き目をつけたあと、水で蒸し焼きにするから皮がパンみたいにふっくらもちもち。
私が参考にしたレシピでは、テフロンのフライパンに油を引かずに作るようになっていたので、とてもあっさりしています。

久々に満足の味に出会えて、すごく幸せな気分になりましたー。
残りのおかずを具にしてもできそうだし、子供のおやつにも最適。
今後大活躍メニューになること間違いなしです。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。