暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水族館って楽しい
娘がここ最近毎日、「動物園はいつ行くの?水族館は?」としつこく聞いてくるので、日曜日にバレンシア市内の水族館に連れて行きました。
娘にとって初めての水族館、私にとってもこの水族館は初でした。

シーズンオフになったとはいえ、日曜日だったので結構混んでいましたが、大人の観光客が殆どで、あまり混乱もなくスムーズに見ることができました。

oceanografico1
テーマごとに建物が分かれていて、移動は外の遊歩道を歩きます。
施設は半日もあれば充分に見られる程度の内容でしたが、私たちの場合、娘がかなり興奮状態で、一度見た場所に何度も戻ってみたりしたので、たっぷり一日かかってしまいました。

ここの水族館の目玉は、大きな水槽でダイナミックなショーを披露するイルカと、愛嬌たっぷりのジュゴン、あと360度円形パノラマ水槽と、それに接続されたトンネル型の水槽、かな。

oceanografico2
円形水槽側から、トンネル水槽への入り口付近を撮ってみたんですが・・・ボケました(汗)。
ま、こんな感じってことで。

うちの娘はイルカとジュゴンとサメ、海ガメとクラゲが気に入ったようす。
円形水槽は興奮して出ようとせず、グルグルと20周くらい付き合わされました。

それにしても、水族館ってなんか落ち着きますね。
気持ち良さそうに泳いでいる魚をずっと眺めているだけで、気持ちがクールダウンされる感じ。
時間があれば一人で行ってみたいなあ、なんて思いました。
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

サン・セバスチャン国際映画祭
9月18日~27日の期間、バスク地方のサン・セバスチャンで、国際映画祭が開催されます。
今年は期間中に「ハポン・エン・ネグロ」というテーマで、日本の映画も40本以上上映される予定。
日本のダークな社会(ヤクザ、泥棒、殺人など)を描いた傑作を集めたもので、古いものだと「御誂次郎吉格子」(鼠小僧次郎吉)などの無声映画もあります。

詳しくはこちら
↓↓↓
サン・セバスチャン国際映画祭 Japòn en negro

japonennegro

こんなに多くの古い日本映画を上映してくれる機会って日本でもあまりないし、子供の学校さえなければ、私も行きたかったなあ・・・。

実は夫が一部映画の字幕を担当したため、私もちょっとだけ仕事のお手伝いをしました。
今まで見たことのなかった古いヤクザ映画やミステリー殺人映画を見ることが出来て、仕事しながら楽しんじゃいました。

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。