暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
好き嫌い対策のお散歩!?
だんだん食べ物の好き嫌いが多くなってきた娘ですが、外で食べさせると、なぜか何でも食べます。
そこで、昨日もお散歩がてら、外でお昼ご飯を食べる事にしました。

kittynoobento
上野駅で買った、だるま弁当のキティちゃん版の容器を使って、いつものように”冷蔵庫の残り物まぜご飯”を準備。
今回の残り物は、たまねぎ、にんじん、ほうれん草、牛豚ひき肉。ぜんぶ炒めてご飯に混ぜただけ(汗)。あとはキティにがんばってもらおうという計画。

さて、行き先はいつものトゥリア川跡の公園。
だらだら散歩して、ご飯を食べる木陰を探していたら・・・
jinbedejukusui
食べる前に熟睡・・・。
夏だし、あまり時間の経った食べ物はあげられないから、このあと無理やり起こしてお食事。
寝惚けていたせいか、外だからか、はたまたキティだからか、やっぱりモリモリ食べてくれました(喜)。
あ、ちなみにキティが「だるま」なので、甚平着せて和風にしてみました。

koendeohiru
今回はこんな場所で。暑いので木陰のベンチで食べました。

散歩の途中で見つけたものがいくつか。

okugaieiga
同じ公園内に設置された屋外映画会場。
毎年夏になると現れるそうです。

kawaiitrack
道路際で見つけたカワイイミニトラック。レストランのものらしい。
でも、よーく見ると、タイヤが前後ともパンクしてます・・・。

おまけ

morizohakken
朝の子供番組でモリゾー&キッコロ発見。サラゴサ万博のアニメで、マスコットのフルービー(左)と競演中なのです。

スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

ごはんですよー
ご存知の方も多いかと思いますが、スペインの食事時間は日本とは少し違い、独特の習慣が残っています。
朝は日本と同じく出勤や通学時間に合わせて7~8時くらい、昼は午後2~4時、夜は午後8~10時くらいが一般的です。ただ、朝と昼の間が長いので、途中10~11時くらいにお茶の時間があります。これは会社でもちゃんと休憩時間をとります。
そして、子供たちは更に、夕方5~6時くらいにおやつも食べます。
こっちの時間に合わせると計5食・・・。

さて、その内容ですが、これは個人差もあるので、我が家や夫の実家、友人などの例を参考にご紹介します。多分それも一般的な範囲だと思います。

まずは朝ごはん。
これはいたって軽め。
カフェ・コン・レチェという、カフェオレと同様のものと、ビスケット、マドレーヌ、カステラみたいな甘いケーキなんかを食べたり、ヨーグルトやミルクにシリアルを入れたり。

そして午前中のおやつ。
これは食べないでお茶を一杯だけって人もいるし、小さめのパンに生ハムやチーズ、薄いオムレツなんかが挟んであるもの、ドーナツ、クロワッサン、デニッシュパンなんかを食べる人もいます。

その後お昼ご飯。
これが一日のメインの食事になります。
最近では会社に軽いお弁当を持って行って食べたりする人も増えているようですが、伝統的には一旦家に帰って家族と食事をします。
内容は家庭によって多少違うと思うので、我が家と夫の実家の場合をご紹介します。

最初に軽いアルコール飲料とともに、オリーブの実やポテトチップスなどをつまみます。
それからそのあとの食事用にグリーンサラダを用意します。
レタスやキュウリ、トマト、ニンジン、紫キャベツ、オリーブの実など。
塩とオリーブオイルとワインビネガーで味付けします。

そして一皿目。
これは野菜や米、パスタ料理など。
有名なパエリアも我が一家はこの一皿目に食べます。

次に二皿目。
肉や魚メインの料理です。
面倒な時はア・ラ・プランチャ(フライパンで焼くだけ)にしちゃったりもします。味付けは塩とオリーブオイル、好みの香草で。
簡単だけど、素材が良いときはとても美味しいです。

そのあとは好みで、フルーツ、チーズ、ナッツなんかを食べます。
こちらはフルーツが甘くてとっても美味しいしリーズナブルなので、常時2~5種類くらい用意しています。今はメロンとスイカがとっても甘くて美味しい。
あと、私はチーズが大好きなので、好みのものをいつも用意しています。
ナッツはうちの場合、ピーナッツがメイン。夫は時々くるみやピスタチオも食べます。

そして最後はコーヒー。
食後はエスプレッソを飲むのが一般的なようですが、私は普通の薄いのを飲みます。
この時、甘いものも一緒に食べたりします。

ここまで平らげるとお腹いっぱいになるので、最初から程々のペースで食べないと最後までたどり着きません(笑)。

そして夕方のおやつ。
子供たちは学校の帰りにサンドイッチやエンパナディージャという揚げパンを頬張ったりしてます。
私はどうしてもお腹が空いたら、ヨーグルト&ハチミツなんかを食べたりするのですが、夫の実家に行くと、ついつい甘いお菓子とコーヒーというパターンに。

最後に夕飯。
これは軽めにするのが一般的です。
夫の実家では、お義父さんが慢性病で食事療法中なので、茹でた温野菜とボンレスハムやチーズなどを軽く食べて終わり。
我が家でも、野菜メインの料理一品とパン、グリーンサラダくらいです。気が向いたらあとでフルーツも食べます。

私は和食等なので、おかずの中に和風の料理を取り入れる事も多いのですが、スペインの気候のせいか、スペイン料理も日本に居るときより美味しく感じます。
あとは、太らないよう気をつけないとね(汗)

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

夏の週末
kaisuiyoku

日本から戻ったら、こちらは夏休み真っ只中でした。
子供たちはもちろん、大半の大人も長期休暇中で街はとっても静か。
8月は個人商店も1ヶ月以上休業しちゃうところが多くて、いつものスーパーに食材を買いに行くと、お客さんが私たちだけ?って状態です。

我が家は夫が仕事で忙しく、まだ夏休みを取得できません。
なので週末の土日だけ、午前中海で思いっきり遊んで、午後はゆっくり食事してゴロゴロ・・・っていう夏休み気分を味わってます。

娘は最初波が怖くて、かたくなに砂浜に居座っていたのですが、
アヒルの顔が付いた浮き輪を買ってあげたら、まんまとその気になって、最近はなんとか水の中に入るようになりました。
それでも、大きな波の音がしたり、予想外の高さの波が来たりすると、また砂浜に逃げてしまいます。
無理やり誘うと海が嫌いになってしまうかも知れないので、徐々に慣らしていこうかと思ってます。

砂浜では砂団子を作ったり、お砂場セットのミニバケツに海水を入れて、おままごとしたり、飽きる事なく遊んでいます。
日差しが強くなってきたので、最近パラソルも買いました。
そんなもの、日本では全く使ったことがなかったのですが、こちらでは必需品になってます。

今まで海の近くに住んだことがなかったので、海は車で行く遠くの場所ってイメージだったのに、今は整った大きな街に住みながらも毎日海に行けるっていうのが、なんか不思議な感じでもあるし、よく考えるとちょっと贅沢かも、って思ったりもしています。

日本滞在中の娘関連はこちらにアップしました。
よかったら見てくださいね。
↓↓↓
海外で多言語子育て<スペイン編>


日本で夏休み
7月中旬から8月初旬までの3週間、娘と二人、私の実家に一時帰国しました。
その間、お会いできた方、ありがとうございました。そして連絡のつかなかった方、すみません。
実家にパソコンなくて、ネットカフェもかなり遠くに一件あるだけの環境で、メールがまったくできませんでした。メッセージをいただいていたのに返信もできなくて、ほんとごめんなさい。
いづれも、またの機会にお会いできるのを、楽しみにしています!!

反抗期真っ只中の娘を連れての長旅は、覚悟していたせいか、思ったより楽でした。
行きは飛行機の中でずっと熟睡してくれたので、本当に快適でした。そして帰りの便は、昼間の飛行だったのでずっと起きていて、パズルをやったり、絵本を読んだり、ごっこあそびをしたりと、たっぷり12時間遊びに付き合い、ちょっと疲れました。
でも、以前のもっと小さい時のように、大泣きしたり、だだをこねたりっていう状況は少なくなったので、年々移動が楽になってきているな、と実感しました。

10ヶ月ぶりの日本は、湿度が高くて息苦しく感じたけど、やっぱり気持ちが落ち着きました。
日本滞在中の詳細は徐々にアップしていこうと思います。

こちらに戻ってきて数日、娘の時差ぼけがひどくて、昨日は無理やりこちらの時間に合わせて生活させようと試みましたが、辛いらしく、とっても不機嫌。
早くもとの時間に慣れてくれるといいのですが・・・。
copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。