暮れない惑星
スペイン人の夫と娘の親子3人でスペインのバレンシアに移住。さて、どうなることやら、、、。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬時間になりました
昨日から冬時間に変更になり、日本との時差は7時間から8時間になりました。
これで朝はちょっぴり明るい朝になり、夜は暗くなるのが早くなって、私の体内時計に近くなりました。

昨日は夫の通う剣道クラブの練習後に合流して、お仲間と一緒にお昼ご飯を食べました。行ったのはアメリカン・ハンバーガーレストラン。
写真を撮るの忘れましたが、見た目は普通サイズでもハンバーグが厚く、結構ボリュームがありました。
炭火焼きのような味で、なんか焼き鳥思い出した(笑)
フリードリンクで、みんな大きなグラスに入った清涼飲料を何度もお替りしててちょっとビックリ。さすがだ。
娘も最初は人見知りしてましたが、食事が終わる頃には慣れて「ねーちゃん、あーそーぼー」と言いながら愛想を振りまいてました。
あ、それからそこでお仲間から聞いたんですが、先日紹介した屋外ジム、お年寄りのために作られたそう、、、。あ、でも私は対象内か?

追記
いきつけのスーパーで見つけたうれしいもの。(また食べ物です)
arare

fujiringo

特にフジはうれしい!こっちのリンゴも美味しいですが、フジに比べると肉質が柔らかい。
私はやっぱり歯ごたえしっかりのフジのほうが好き!!
スポンサーサイト
どうしても、の背に腹カレー
kodomocurry

うちの夫はカレーが苦手だし、子供がいるので辛いもの作れない。
おまけに私自身辛いものが苦手。なのにカレーの味は大好きなのです。
だから、どうしても、どうしてもカレーが、っていう時があるのです。

東京にいる時は、会社で昼休みに一人で食べたりしていましたが、ここではそうは行きません。
カレー粉やスパイスは手に入っても、出来合いのカレールーもないし、、、(涙)
それでもどうしても、だった私、午前中辛くないカレーを研究しました(笑)
で、結果はまあまあの出来。
スパイシーなのに辛くない。でも食べると身体がほっかほか。
舌も欲もまずまず満たされました。
せっかくなので研究結果を書いておきます。材料は最低限の種類で作ったので、お好みで具を入れたり変えたりしてみるといいかも。
お子様のいるかた、私みたいに辛いの苦手だけどスパイシーカレーが食べたいかたは気が向いたらお試しください。
(うちの娘は喜んでパクついてました)

材料(4~5人前くらいかな)
鶏もも肉 500g
たまねぎ 1/2個
ジャガイモ 中3個
オリーブオイル 大2
バター 大1
ニンニク 1片
白ワイン 100ml
トマト水煮 1缶
ヨーグルト 100ml
固形スープ 2個
塩    少々(MAXで小1/2くらい)
ハチミツ 大1
<スパイス>
カレー粉またはガラムマサラ 大1~4(うちは1)
クミン  大1~2(うちは2)
パプリカ 大1~2(うちは2)
ローレル 1枚または粉末を大1

作り方
1.鶏肉を一口大に切って、塩コショウしておく。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏肉を焼き、深鍋に移しておく。
3.ニンニクをみじん切り、たまねぎ、じゃがいもをお好みの大きさに切っておく。
4.フライパンにバターを入れ、ニンニクを入れ、香りが出てきたらやや弱火でたまねぎを炒める。
5.たまねぎが透き通ってしんなりしてきたら、ジャガイモを入れて軽く炒める。
6.ジャガイモに半分くらい火が通ったら、白ワイン、トマト水煮(くずす)、スパイスを入れてひと煮立ちさせる。
7.鶏肉の入った鍋にうつし、中火で煮る。煮立ったら、塩、固形スープ、ヨーグルト、ハチミツを入れて、あとは好きなだけ煮る。
私は30分くらい煮込みました。

本当はココナッツミルクのカレー作りたかったので、また作ったらご紹介します。(ココナッツミルクが買いに行けなかったの)
日本を学ぼう!
kagakuhakubutsukan

先週の土曜日、市内の科学博物館に行ってきました。
この博物館は、有名な建築家カラトラバがデザインしたことでも知られています。

puranetariumu

博物館のとなりには同じ建築家によるプラネタリウムとか、

operahausu

これまたカラトラバの手による、ヨーロッパで一番大きなオペラハウスなんかもあって、ちょっとした観光スポットになっています。(写真がありませんが、大きな水族館もあります。)

でも、私達の今回の目的は、科学博物館で開催されているお米展の「日本のかかし作り教室」でした。
無料の講座で、日本人女性が先生でした。

kakashikyoshitsu

天ちゃん、一生懸命かかしの顔を描いてます。
最近、目と口を、(ほぼ)あるべき位置に描くようになったんですよ。
出来上がりはこれ。
↓↓↓
kakashi

着物は柄がプリントされた折り紙で、私が作りました。
やじろべえっていうんだっけ?
バランスよくするの大変でしたが、なんとか無事完成!
スペインで初めての手作りでーす。
AZUKIのその後
andonatsu

先日のアズキ、こうなりました。
コロッケじゃないです、念のため。
せっかくのヘルシーな材料を、かなり裏切ったような気がしないでもないのですが、食べたかったんです。
いちおう甘さは控えめにしましたが、所詮ドーナッツ、うれしくて3つ食べたら胃がもたれました。(当然だ)

まだ作ったあんこが半量残ってるのよね。
予定としてはおはぎだったんですが、胃もたれが直るまで冷凍保存しようかと思います、、、。

本日はまた夕方から雷雨。
東京のように1,2時間の夕立というのではなく、一日中ピカッ!ゴロゴロドッカーン!ザザーッ!という日もあり、まさしく嵐って感じ。
夏から秋への季節の変わり目は毎年こんな感じだそうで、この時期が過ぎるといつもの穏やかで暖かい気候に戻るらしいのです。
こちらへ来て約1ヶ月、ずっと晴れたり大雨だったりなので、なんとなく落ち着かない気分です。

和食=健康食
shizenshokuhin

娘の熱も下がり、2日ぶりに外に出る事ができました。
前々から気になっていた近所の健康食品店に行ってみたところ、予想通り日本の食材が色々揃ってました。
こちらでは和食が密かなブームなのです。
先日買った健康雑誌にも、和食が沢山紹介されていたので、
「もしかしたら、健康食品店に行けば何かみつかるかも」
と思い立った次第で。
お店はモダンで広く、若い女性が多く買いに来ていました。

食材は地元の製品なので、味はともかく日本製を買うより安く手に入るし、オーガニック製品なので安心。
近所で日本食材が買えるなんて、うっしっしー。
豆腐、厚揚げ、豆乳、味噌、醤油、みりん、焼きのり、青海苔、わかめ、ひじき、こんぶ、寒天、すし用白米(?)、白ゴマ、黒ゴマ、ゴマ油、そば、うどん、緑茶、もち、せんべい...etc.

でも、私の一番のお目当ては写真の「あずき」。
どーーーしてもあんこが食べたくなったのです。
さて、買ったはいいが、どうやって食べようか?
ただいま検討中です。

初お熱inバレンシア
今週も仕事の締め切りが幾つか重なっていてとっても忙しいのですが、
こういう時に限って娘の具合が悪くなっちゃう。
一昨日の夜から39度の高熱になり、昨日はバレンシアの祝日でしたが、休日診療を受けてきました。
夫の「地区の病院は休日診療もやってるよ」のガセネタで、最初は近所の病院に行ったのですが休診でした(怒)。
当然のごとく私は不機嫌になり、夫に電話で休日診療を行っている病院を探させてタクシーで向かったのですが、予想通り激混み。
受付で30分、診療まで1時間半くらい待って、やっと順番が回ってきました。
診療はほんの5分で終了。
典型的な風邪の症状のようです。まあ、ひとまず安心。
とりあえず処方箋を作ってもらい、今度は休日営業の薬局探し。
朝一で出かけたのに、結局帰宅したのは午後1時でした。
本日もまだ熱は下がっていないのですが、38度代になったので昨日よりは良い状態だし、薬ももらったので様子をみています。

忙しい時のハプニングでしたが、私としては(夫もね。)良い経験になりました。
病院で症状が重くなったときの対処を教えてもらったので(投薬のタイミングとか、重症の時に行く病院とか)、今後はガセネタで振り回されずに済みます。
関係ないけど、病院の先生がオースティン・パワーズのドクター・イーブルに激似だった(笑)。


忙しくて退屈な週末
koennosora

先週末はとっても良い天気で真夏のようでした。
しかし、我が家は夫も私も仕事が詰まっていて、ピリピリモード。
こんな時可哀そうなのが娘。
せっかく家族が揃っているのに、家に缶詰です。
おもちゃもテレビもすぐ飽きちゃうし、仕方なくいつもの公園へ。

koennokaeru

こんなのとか、
koennodensha

こんなので遊ばせて、少し散歩して終了。
娘のほうもなんかごまかされた、って感じで納得いかない様子。
(でも、これらの遊具かわいいでしょ。木製ってのがいいよね)
このあと、家のベッドでビョンビョン飛び跳ねて、溜まったフラストレーションを発散しまくってました。
ちょっと可哀そう、、、(涙)

<追記>
この公園、こんなものもあるの。
koennojim

屋外ジム...しかもだれも使ってない。
いつかトライしたいんだけど、ちょっと恥ずかしいっす。
誕生日プレゼント
先日の誕生日に娘がもらったプレゼントです。
まず1つ目は、私のリクエスト。
tanjoubipurezento1

ご存知、積木。
飽きずに長く遊べる定番おもちゃですよね。

そして2つ目。
tanjoubipurezento3

木製パズル。
数字の1から10が型取られていて、それぞれの数字の数のピースに分かれています。パズルをしながら数字を覚えたり、動物の名前を覚えたり出来る知育玩具。
これはおもちゃ屋さんに入って天ちゃんが気に入って買ってもらったもの。

最後にこれ。
tanjoubipurezento2

プーさんのリュック。
スペインだとプーさんグッズは黄色じゃないのね。

残念ながら天ちゃんがお昼寝中に部屋で撮影したので、薄暗い写真になっちゃいました。

誕生日プレゼントとは関係ありませんが、先日夫の実家に行った時、昔、義父が夫のために手作りしたおもちゃを見せてもらいました。
木製でとってもかわいいんです。
とても器用な人で、夫が小さいときは色々作ってくれたそう。
こういうおもちゃが一番楽しいですね。

furuiomocha


<天ちゃん便り>
最近、午前中に近くの公園で遊んでいます。
こちらでは皆夕方に公園で遊ぶので、午前中はほぼ貸切状態。
お友達が少なくて寂しいけど、遊びたい放題です。
夕方もトライしましたが、あまりに子供が多くて、まだ小さい天ちゃんは思うように遊べませんでした。
なので、しばらくは午前中に遊ばせようかと思います。
koennobaiku

ちょっと違った遊び方をして楽しんでます、、、。
ニッポンinスペイン
supeinnodorayaki

じゃーん!スーパーのお菓子売り場で見つけた「超本格ニッポン味」って書いてあるお菓子。
名前が「DOKYO」って書いてあります。
「度胸」でしょうか、、、?さすがのネーミング。
モノはごらんの通りドラ焼きのようです。
気になる中身は、、、。

supeinnodorayaki2

ざんねーん。チョコクリーム。
でも外側はちゃんとドラ焼きの味がしました。
夫に聞いたら結構前から売っているそうです。

田舎町での週末
akinoumi

夫の実家は地中海に面した街で、夏は国内外から観光客が沢山訪れますが、秋からは地元の人だけになり静かになります。
お天気が良かったので、海辺をお散歩しました。
水の色がとてもキレイなので、景色を見ているだけでも癒されます。


reisuamitaikai

そして街は今月小さいお祭りが開催されていて、今週末はレース編みのデモンストレーションが行われました。
目抜き通りの真ん中にテープルを広げて、沢山の年配の女性が自慢のテクニックをご披露。

vinarosnoodori

そして教会の前ではこの街の伝統舞踊を踊っていました。
カスタネットをタカタカ鳴らしながら、ぴょんぴょん跳ねるように踊っていて、とても楽しそうでした。

日本と違って日曜日はお店も全部閉まっちゃうし、こういう素朴なネタでも大変な賑わいでした。平日とは全く違った過ごし方をするっていうのも気分転換でよいものですね。
娘の誕生日
tanjoubicake

先週は娘の誕生日で、2歳になりました。
なので、週末はバレンシアから普通列車で2時間のところにある実家でお誕生会をしました。
このケーキは夫が買ってきたもの。
自分が2歳の時に買ってもらったものと同じケーキを探したかったらしく、一人でケーキを買いに出かけて1時間くらいさまよい、なんとか似たものを探し出したのだそうです。
スポンジケーキにオレンジジャムとチョコクリームが塗ってあり、まわりが生クリームとアーモンドで覆われています。
見た目はシンプルでしたが、味は激甘。日本人には想像を絶する甘さです。
これをスペイン人は平気で平らげちゃうんですよねー。すごい。

プレゼントも色々貰ったのですが、今日は書くことがいっぱいあるのでまた後日アップします。
copyright © 2005 暮れない惑星 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。